産総研など、高効率な次世代の太陽電池を普及させるカギとなる技術を開発

...インジウムが高価なため、製造コストが高くなってしまう。しかも、成膜速度が遅いことも価格が上がってしまっている理由のひとつだ。そうした中、産総研は2015年度より、I II-V族化合物太陽電池の製造コストを有機金属気相成長法よりも大幅に削減できるHV ... まず、Al系材料の高品質成膜を可能とするHVPE装置開発について。HVPE法は純金属と塩化水素(HCl)ガスを反応させて生成した金属塩化物をIII族原料の前駆体とし て供給するというものだ。GaAsやInGaPを成膜する場合、GaやInを700〜8 ...

情報元 - 産総研など、高効率な次世代の太陽電池を普及させるカギとなる技術を開発(2020年10月19日)|BIGLOBEニュース

産総研など、高効率な次世代の太陽電池を普及させるカギとなる技術を開発(2020年10月19日)|BIGLOBEニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る