...れたの2種類が発行されている。前者は純金製20gで昭和61年に1,000万枚、昭和62年に100万枚が発行されている。後者 は純金製30gで200万枚が発行されているのだ。 ... 硬貨”なので、常に「10万円」の価値があること。しかし、金貨は“純金”として売ることも可能なので、金相場が高いときに売れば必ず利益が出るのである。「中 略」...

情報元 - ■ - ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン

■ - ユーヤ・ペンギンblog・はてなヴァージョン
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る